昔のアイドル

何の気なしにYou Tube を徘徊してたら発見した



キング・クリムゾンのエピタフ(墓碑銘)

キング・クリムゾンの「クリムゾン・キングの宮殿」に納められてるエピタフ

アルバムの一曲目を飾るのは「21世紀の精神異常者」って・・・

プログレって言うジャンルは一曲が長い、変拍子しまくりで曲の展開がキモチ悪い

素直にノレないと言うか・・・

あ、決してプログレを否定してはなくてクリムゾンもラッシュもUKもEL&Pもアルバム持ってます

つまり、タイトルの様におそよアイドルが唄う歌謡曲とは似ても似つかない

水と油の世界

ここからが本題

そのクリムゾンを当時の日本のアイドルがカバーしていた!って事実

今で言うと何だろう・・・AKBが洋楽のロックをカバーってとこか?



で、コレ

「ザ・ピーナッツ」がカバーしていたクリムゾンのエピタフ

ザ・ピーナッツはじろうでさえ超懐メロの域

現役時代は知るはずもないけど、昔に活躍していたのは知ってるし

所謂「スター」だったんだろうけど

でも、アイドルっていいの?って言うくらい歌上手いッス

歌詞が出てるけど、歌謡曲を歌う人らしからぬ内容

でも、なんでこの曲をカバーしたんだろうか?



で、コッチが西城秀樹バージョン

流石に西城秀樹は知ってるぞ!

昔、住んでたところの近所に通称「三連隊公園」なる公園があって

そこはよく芸能人が写真撮影に使ってて

西城秀樹も撮影に来てた

「あ、西城秀樹だ!」って着いて行ったら

秀樹は「ヤングマン」のYMCAのポーズをしながら「違うよ、野口五郎だよ!」って・・・

とてもいい人だった、西城秀樹

あ、野口五郎も来てたな・・・

西城秀樹も野口五郎も後年、洋楽が大好きだったってのをテレビで見たけど

自分のコンサートで唄ってるとは思わなかった

因みにこのコンサートの音源になってるのは、後楽園球場での野外ライブ

雷鳴と雨音が聞こえるケド、収録の日実際の雷鳴と雨音だそうで

雷鳴と演奏が偶然すぎるほど見事にマッチしていてビックリ



コレも秀樹

スターウォーズのテーマで登場し

前半はRAINBOWの「I Surrender」で飛ばしつつ

後半はKISSの「I was made for loving you 」でしめてる

このコンサートに来てる秀樹ファンは誰の曲か知ってるんだろうか?

う~んでも原曲のテイストを損わず自分のモノにしちゃってるのはサスガだなぁ・・・





原曲も貼っておきやす

この記事へのコメント

かきんこ
2011年05月20日 22:38
スターウォーズ好きっす

この記事へのトラックバック