テーマ:Honda

聖地?巡礼の旅 動態確認テスト編2

お昼休み時に本日の走行する・したレース車両をコース内のテントで公開してくれてた 手前から奥へ行くほど年代が古い 手前からマクラーレンホンダMP4/5 マクラーレンホンダMP/4 ウィリアムズホンダFW11 伝説のマシン1988年のマクラーレンホンダMP…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

聖地?巡礼の旅 動態確認テスト編1

2012年7月に再び栃木県の「ツインリンクもてぎ」へ行ってきた 今回の目的はツインリンクもてぎ内にある、ホンダコレクションホールに収蔵されてる 二輪・四輪のレース車両の動態確認テスト見学のため ホンダコレクションホールに収められてる、二輪・四輪は7割くらいがガソリンを入れれば動く 「動態保存」の状態で保存されてて…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

聖地?巡礼の旅22

コレで聖地?巡礼シリーズ完結しそうです ロータス99Tホンダ 1987年 日本人初のパーマネントF1ドライバー中嶋悟が乗ったマシン 中嶋F1初参戦初年度のチームメイトは「音速の貴公子」ことアイルトン・セナ 中嶋的には組み合わせ悪すぎ 中嶋のことをあまりよく言わない人もい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖地?巡礼の旅21

ここから第二期F1へ 第二期は1984年からスタートしてるケド イキナリではなんなので国内外のF2クラスから参戦スタート 第二期F1参戦の特徴は第一期とは違いシャシーは作らず 既存のF1チームにエンジンだけ供給の「エンジンサプライヤー」としての参戦 ま、黄金期と呼ばれる時代だす 恐らく海外のF…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖地?巡礼旅20

2輪レース車両を満喫したあと、向かいの4輪レース車両展示室へ 窓から見えるツインリンクもてぎ ついに!一番見たかった4輪レース車両展示室 この光景、どこかで見覚えが・・・ コレだ! ホンダF1初優勝マシンホンダRA272 1.5ℓのV12だったかな? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖地?巡礼の旅19

ここから二輪・四輪のレース車両を見学 やっぱりガイドツアーです 今回は市販車部門とは違って若いおにぃちゃんがガイドしてくれる でもって、やっぱり一人 初めに「レースはお詳しいですか?」 と聞かれ 「それほど詳しく無いです」と答えておく コ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖地?巡礼の旅17

という訳で、力の入れ具合とは裏腹に販売に結びつかなかった2台です 左は言わずもがなの「NSX」のTYPE R 右が「BEAT」後藤田官房長官に「ビートくんの気持ちも分かる」と言わしめたのとは ビート違いですが NSXは日本で最初のピュアスポーツカーで日本版スーパーカー 世界初のオールアルミモノコック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖地?巡礼の旅16

時間が経ちすぎて失念気味 たぶんCVCCエンジンだと思う・・・たぶん こっちがCVCCエンジン搭載のシビックかな?フロントグリルに「CVCC」ってあるし 初代「インサイト」 発売当初はダントツで燃費NO1の車だった リアタイヤが覆われてるのは、空気抵抗を考…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖地?巡礼の旅14

引き続き4輪市販車コーナー ホンダ「バモス」 現行型?は軽のハイトワゴンだったけど、初代は一見「軍用車両」?と思えるスタイル スゴく斬新で好きだけど、現代の保安基準には全く合致しないし 事故ったらいい感じで天国に逝けそうな、そんな明日をも顧みない漢の乗り物そんな感じ 凄い作り ホントに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖地?巡礼の旅12

ずっと小排気量のモデルが続いたけど ここら辺から大型モデルやSSが登場しまっす 「ホンダ CX500ターボ」 この手のバイクでエンジンがOHVってのに驚いた 国内向けには「GL500」って名前で売ってたらしい ナントΣ(゚д゚lll)世界初の(量産車としては)ターボチャージャー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖地?巡礼の旅11

タクトの次はホンダ初のスクーター ジュノオ号 ジュノーじゃないところがミソ 排気量も200ccとデカく今のビックスクーターの魁といってもいいのでは? スゴくデザインが気に入ってしまって、しばらく見続けた う~ん欲しい 当時としては珍しい樹脂製の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖地?巡礼の旅10

メグロジュニア S3 神社仏閣スタイルと呼ばれたベンリィ ベンリィCB92 スーパースポーツ 名車ホンダドリーム CB750 FOUR CBいっぱい スクーターもあるよ 懐かしのDJ-1 ↑このCMが忘れられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖地?巡礼の旅9

引き続き2Fの2輪コーナーから 「ホンダC型」エンジン&車体共にホンダ製  キャプションの撮影を忘れてたのでモデル名及びスペックは不明 ホンダコレクションホールはホンダのバイクや車だけでなく、他社製品も展示してる アドラーMB250 馴染みの無いメーカーだけどドイツのメーカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖地?巡礼の旅8

1Fフロアを見終えて2Fの市販の2輪・4輪の展示場へ ココでガイドツアーに参加すべく、2Fのインフォメーションまで 因みにこの日、2011年の12月の末 クリスマスも終わってたので26日か27日か・・・ 平日の午前でココの来館者は自分を含め、見かけたのはお爺さんと孫 あと自分と同じ中年のオッサン・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖地?巡礼の旅7

引き続きアシモ編 ここに来て両腕が装着 段々と人っぽい感じに コレ以降いよいよ「P」シリーズに 出た! じろうがホンダのロボット開発を知ったのは上のモデルから きっかけはTBSの「筑紫哲弥のニュース23」 ジャーナリストの・・・誰だったか忘れたケド そのジャ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖地?巡礼の旅6

ココからはアシモ編 「鉄腕アトムを作れ」の号令のもと始まったプロジェクト 始まりの頃は故本田宗一郎も御存命 しかもこのプロジェクト、一部の関係者を除き一切口外されていなかった為 ホンダ社内でもこのプロジェクトの存在を知る者は少なかった 実際にアシモの研究に携わっていた人は、社員食堂などで他の研究者か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖地?巡礼の旅5

「明日咲かせる花は、今種をまいておかなきゃ」 けだし名言ですな ホンダがマン島TTレース初挑戦で持ち込んだマシン RC142 空冷4サイクル2気筒のエンジン レース車両なのでタコメーターしかついてなかった 125㏄の排気量でレッドが12600回転?くらいです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖地?巡礼の旅4

ホンダコレクションホール編は画像が大量なので飛ばし気味に 初代カブ 50㏄でも規制前のモデルなので最高速は70㌔ でもってホンダ「Sシリーズ」の第一弾S500 SはスポーツのSで500は排気量 エンジンはバイクのモノを流用なので、ピークパワーは8000回転で発生!!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖地?巡礼の旅3

正面の「夢」の後ろに鎮座するのは・・・ いきなりちっちゃな発電機 ホンダの事を「エンジン屋」なんて言う人いるけど そう言われる所以は以外にもこんな発電機に理由があったりする ホンダが制作するエンジンは2輪・4輪以外に汎用エンジンってのがある 汎用エンジンってのは耕運機・発電機・芝刈り機・除雪機といっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖地?巡礼の旅2

「ツインリンクもてぎ」北ゲートで¥1200を払って中へ かなり広大な敷地の中を、案内してもらった通りに進む すると右手に見えてきましたよ! 「ホンダ コレクションホール」!! かなり立派な建物で地上3回建て スグ脇の駐車場に車を停めて、エントランスへ ここまで、年甲斐もなく浮かれま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖地?巡礼の旅1

2011年の年末に思いがけず2連休が取れたので 予てから行きたかった栃木県の茂木町にあるホンダが所有するサーキット「ツインリンクもてぎ」に行って来た 自宅を午前6時に出発 横横~首都高~常磐道と途中都内で若干渋滞したケド 珍しく法定速度を順守しながらも、予定よりも30分も早く目的地到着
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more